Home / 花の歳時記

 

春から秋にかけてあちらこちらに天然のお花畑が出現します。草原一帯には緑の季節、約600種類もの高山植物が咲き誇ります。 特に、ニッコウキスゲが黄色い絨毯を敷き詰めたように花開く7月は見応え充分です。

開花情報  年車山高原の開花状況をお伝えします。 開花情報のページ→

春に咲く花 5月中旬から高原の中には様々な花が咲き始めます。 キジムシロやショウジョウバカマなどが春の訪れを告げ、各種のスミレやスズランなど小さな花が可憐に咲いています。 6月には抜けるような青空の下、若々しい緑に覆われた春の草原には、真っ赤なレンゲツツジが咲き誇ります。 まだ少し肌寒い高原の空気とぽかぽかの陽光がほどよく気持ちのいい季節です。
 春に咲く花一覧へ

夏に咲く花 夏を迎えた高原では非常にたくさんの種類の花々が咲き誇ります。一面に咲くニッコウキスゲは有名ですが、その他にもアカバナシモツケソウ・キンバイソウ・ヤナギラン・コオニユリなどなど見応えのある花が夏の高原を彩ります。 展望リフトを使って気軽に、またゆっくりと大地を踏みしめながら、一面に咲く多くの高山植物を楽しみながらのハイキング・・・。澄んだ空気の中自然を満喫してください。
 夏に咲く花一覧へ

秋に咲く花 穏やかな陽光に照らされたススキやマツムシソウが、風にふわふわと揺れる風情豊かな高原の秋。 吹き抜けていく風の冷たさも季節の移り変わりを教えてくれます。トレッキングには最適な季節となります。 アキノキリンソウやワレモコウ、長野県の県花であるリンドウも草原のあちらこちらで見かけることが出来ます。 高原の一足早い季節の移り変わりを花々を見ながら感じて下さい。
 秋に咲く花一覧へ

 
Share this page