Home / 車山だより / 10月20日(土)紅(黄)情報

 

10月20日(土)天候:くもり 山麓の気温:8.4℃(8:30)

先週末から今週にかけて、八ヶ岳や北・南・中央アルプスなどの山々は初冠雪を迎えました。

車山山頂からの現在の景色は眼下に霧ヶ峰の黄葉、そしてうっすら雪のついたアルプスの山並み、

お天気が良い日はそれに抜けるような秋の空と、贅沢な景色を堪能することができます。

車山では雪も霜もまだですが、昨年は10月25日に初冠雪を記録していることから、

もうしっかりとした冬装備が必要です。

↑先週に比べてリフト沿いのカラマツの黄葉もだいぶ進み、緑の葉も見られなくなりました。

この後、すっかり黄葉しきると今度は松の葉がハラハラと舞って、それはそれはとても美しいです。

↑蓼科山の裾野も黄葉が進んで、茶色や黄色のパッチワークのようになっています。

↑ビーナスラインも、こちらの写真はちょっと霧が出てでくすんでいますが、

ドライブすると黄色や赤や、今が一番鮮やかな時期です。

↑遊歩道を散策しますと、すすきがまだまだふわふわの穂をつけて揺れています。

お天気の良い日はこの穂がキラキラと煌めいてとってもきれいです。

↑もうお花の時期ではありませんが、時期遅くして咲いているお花たちもいます。

こちらはノハラアザミ、首をぎゅっと短くして頑張っています。

↑こちらのマツムシソウの背丈も10センチほど。

気温も低くなり、日照時間も短くなるからでしょうか、

今の時期のお花たちはほとんどこのように背丈を短くして頑張っています。

↑霧ヶ峰はそのほとんどが草原地帯で草紅葉も落ち着いた今、

樹木のある場所ではこのように絵画のような美しい黄葉の景色が広がっています。

今は霧ヶ峰は「晩秋」、山が雪のお布団に包まれて眠る前のほんのひととき。

散策をされる際は、防風性のあるジャケットやフリースなどあたたかい服装はもちろんですが、

ニット帽、手袋、ストールなど小物の防寒対策もお忘れないようにお願いします♪

 
Share this page