Home / 車山だより / 7月2日 開花情報

 

7月2日(木)天気:晴れ  山麓(8:30)の気温:15.3℃

久々の晴れ間です。

気持ちのいい陽射しの届いた本日、車山高原ではフランスギク・ヘラバヒメジョオンの駆除作業が行われました。

霧ヶ峰自然環境保全協議会の自然再生事業の一環で、昨年より実施しています。

車山地区の作業は本日で終了しましたが、霧ヶ峰内の他地区は、まだ作業ボランティアを募集しています。

詳しくは霧ヶ峰自然保護センターのHPよりご確認下さい。

http://www.lcv.ne.jp/~kirivc/kirigamine.htm

今年、大変素晴らしかったレンゲツツジの盛りが終わり、草原では初夏の花々が目につくようになって来ています。

車山山麓付近ではウツボグサがよく目に付きます。

 

 

白や黄色の花が多い春から、紫やピンクなど、違った色合いの花も増え、草原は色合いも賑やかになってきています。

青々とした草原によく映えるハクサンフウロは、早くも葉が紅葉しているものもあります。

秋の草紅葉の季節も、私たちの目を楽しませてくれます。

 


草原にぼんやり光を放っているかのようなケブカツルカコソウ。

今年は沢山出ている印象です。

 

 

 


7月2日時点のニッコウキスゲの開花状況です。

麓~中腹間の遊歩道沿いの群落は全体で見て3割程度の咲き具合です。

この辺りは7月上旬~中旬にかけて見頃を迎えるかと思います。

 


一株の花芽のつきは大体5~8個。

場所によって株の密生具合は様々です。

今年は全体に急ぎ足で進んでいる高原の季節。

目まぐるしい速さで進んで行くので、その時その時の車山の素敵なところを見落とさないようにお伝えしていければと思います。

 

 

 
Share this page